ニュージーランドで最も多くのエコツーリズム賞に輝く大自然アトラクション
紹介
初心者向けウォーキング
中・上級者向けハイキング
ウォーキング/ハイキングとクルーズ
ロトマハナ湖クルーズ
カフェネイチャー
ギフト
国内的にも世界的にも
重要な存在である理由
基本理念
リサーチ
ワイマングの珍しい植物
ワイマングで見られる野鳥
ロケーション
基本情報
料金
ワイマングで見られる地形
学生ツアー/
教育研修グループ
グループツアー
会社概要
トレード用
リンク
連絡先
ロトルア発着のツアー

ワイマングが国内的にも世界的にも重要な存在である理由

その地熱活動による形成が完全に歴史として記録されている、世界でも唯一の熱水系のある地熱地帯です。
(つまり世界で最も新しく形成された地熱システム)
1886年6月10日のタラウェラ山による、噴火が直接の原因として形成された世界でも唯一の熱水系がある地熱地帯です。
表層部のすべての特徴がワイマング・ボルカニック・リフト・バレーと呼ばれるひとつの地質構造の中に見られる、ニュージーランドでも唯一の地熱地帯です。
その形成から正確な活動と時間が分かる、世界でも唯一の熱水系のある地熱地帯です。
人間により開発されたり、手を加えられたりしていない、ニュージーランドでも唯一の熱水系のある地熱地帯です。現在は法律によって完全に保護されています。
噴火による壊滅から自然に再生した、唯一のニュージーランド原生林があります。地熱の環境に順応し進化した珍しい植物も見られます。
自然保護区 : 環境保全省によって管理され、ニュージーランド国民の所有となっています。
野生生物保護区 : すべての鳥類は保護されています。
記録されているものでは過去に世界最大であった間欠泉のある場所です。ワイマング間欠泉は1901年から1904年の間に定期的に噴出していました。
インフェルノ火口 : 世界で最も大きな間欠泉が湖底にある火口湖があります。
フライパン湖 : 表面積では世界で最も大きな温泉湖、流出する水量では世界でも2番目か3番目の多さです。
インフェルノ火口の間欠泉とフライパン湖はユニークな関連があります。インフェルノ火口湖が溢れ出すと フライパン湖から流出する水量は減るという現象が起きます。
国際的にも重要度の高いカテゴリー1に指定されている、地学的に重要ないくつかのテラスがあります。その中でもウォーブリック・テラスはオリジナルの位置から90度右側に形成が進んでいます。
フライパン湖
インフェルノ火口
ウォーブリック テラス

© Waimangu Volcanic Valley Ltd, New Zealand 2006. 
Phone: +64 7 366 6137 Fax: +64 7 366 6607 Email: nature@waimangu.co.nz 
site by btm